看護部

看護部の教育体制


看護教育委員長 渥美一恵

【看護教育委員会】

看護教育委員会では、皆様の信頼に応えられる質の高い看護職員の育成に取り組んでいます。
精神科看護の専門性を高め、一人ひとりのキャリアアップを支援するために、実践に結びつく継続的な学習プログラムを企画しています。
社会や医療の潮流に即した内容を日々検討し、看護職員の学びの意欲を大切にして、院内外に渡り教育支援をしています。

【看護部教育理念】

  • 看護部の理念に即した質の高い精神科看護職員の育成
  • 学習意欲が継続し、キャリア開発に主体的に取り組める精神科看護職員の育成
  • 自己の持ち味を発揮し、常にリフレクションできる精神科看護職員の育成

【教育目的】

  • 全看護職員がポートフォリオをツールとして活用し、自己のキャリア(経験や学習)を一元化し、成長を次の成長に生かすことができる。
  • 看護管理者がコンピテンシー・モデルによる評価を実施することでチームづくりに前向きな意欲を持ち、行動できるリーダーとなることができる。
  • キャリアラダーを教育システムに取り入れることで自己のレベルに合った研鑽を積み、臨床看護実践能力の向上に努めることができる。
  • 院内研修として全看護職員コースと基礎コース(採用2年目まで)、専門コース(採用3年目以上)を設け参加することで、精神科看護の知識と実践が統合されたエクセレント精神科看護職員となる。
  • 院外研修に積極的に参加することで、専門性を高めキャリア開発ができる。
  • 豊かな感性とクリティカルな視点を持ち看護研究に取り組むことで、精神科看護の質の向上を図ることができる。

【基礎 Ⅰコース】

  • 精神科1年目の看護師が精神科看護の基礎知識と技術を習得できるプログラムです。それと共に精神科看護観を培う基本となる内容が学べます。

【基礎 Ⅱコース】

  • 2年目は、1年目の基礎学習に加え、看護理論やフィジカルアセスメントなど含めた、専門知識や考え方を積み重ねていく内容になっています。
    *1年目、2年目ともにピアの関係の中で情報交換したり、悩みや喜びを共有し合える座談会を企画しています。ストレス緩和と明日へのやる気につながります。

【専門コース】

  • 3年目以上の看護師を対象に、精神科看護師として自立し、アセスメント能力や個別ケアなど臨床看護実践能力を高めていける内容になっています。
  • 看護師個人の質を高めることだけでなく、組織の中で俯瞰して観ることができる力やリーダーとしての能力向上を目指します。

【管理者コース】

  • 主任看護師以上を対象に、しっかりと自己と向き合い、自己評価できる力を養います。
  • 管理者としての看護マネジメントやコーチング力の向上を目指します。

【全看護職員コース】

  • 個々で実践している看護が可視化できるようにポートフォリオを導入し、採用時から丁寧にフォローしています(新人は3か月毎の教育面接)
  • ラダーに関係なく全看護職員が共通して学ぶべき内容で構成しています。

【看護研究コース】

  • 看護の質を高めるために看護研究を計画的に進めています。1年目から研究手法について段階的に学習できるようにしています(1年目ケーススタディ・2年目事例研究・3年目以降看護研究)

【近年の看護研究発表テーマ一覧]

<平成24年度>

  • 精神科における長期入院患者の苦悩と本質を明らかにする
  • うつ疾患をもつ患者と家族に対する支援と変化
  • 内服与薬における誤投与危険因子に関する研究
  • 再発と再入院を繰り返す統合失調症患者の家族教育について
  • 「食べる」ことへの援助〜摂食嚥下療法の実施に向けて〜
  • 精神科看護記録の改善に向けた記録監査の有効性と今後の課題

<平成25年度>

  • 認知症治療病棟における急性期認知症入院クリニカルパスの有用性についての検討
  • 乳幼児期に愛着形成が不十分だった統合失調症患者に対する愛着理論に基づいた看護援助について
  • 看護職が行う高校生対象の「統合失調症出張講座」による認識の変化
  • 閉鎖病棟入院中の患者の自発的意思を尊重した余暇への介入
  • 電子カルテ導入後の看護記録監査から見た急性期病棟と慢性期病棟の特徴と課題
  • 与薬行動におけるニアミスと事故防止への意識に関する研究

<平成26年度>

  • デスカンファレンスで共有した家族の思いとその意味
  • デスカンファレンスで共有した家族に関する看護師の思いとその意味
  • デスカンファレンスを通して看護師が捉えたターミナルケアの課題

<平成27年度>

  • 教育面接を受けた精神科看護職員がキャリアポートフォリオに掲げたビジョン
  • 精神科での終末期ケアカンファレンスが看護師のケア態度に与える影響


山梨県山梨市上神内川1363 TEL:0553-22-0536 FAX:0553-22-5064  
Copyright (c) Kusakabe Memorial Hospital All Right Reserved.